So-net無料ブログ作成

EDの前兆として始まること [大切なこと]

ストレスの理由が多岐に渡るようになったことにより、日本国内における
ED(勃起不全)患者は増加し続けているという状況らしいです。

基本的には30代から男性ホルモン(テストステロン)は分泌量が減り始め
これによっていわゆる男性更年期障害が始まるわけですが、男性ホルモン
の減少の原因の一つが動脈硬化による精線機能の低下。

要するに生活習慣病の一環として、男性ホルモンが減少するというわけで
糖尿病などを発症している人に如実に影響が出るのがこの部分みたいで、
生活習慣病+男性更年期障害の症状を訴える人の9割の人は、潜在的予測
も含めてEDがあるとされているようです。


以前は、動脈硬化の影響が現れ始めると、脳が異常を察知して精線機能を
昂進させて男性の性機能の低下をカバーしていたようですが、最近の社会
情勢なのか、無責任で好戦的な政治状況に嫌毛がさしているのか、慢性的
なストレスによって、脳自体の働きが低下しているので、男性ホルモンを
分泌する能力を維持する力が弱まっているようなのですね。

それがために、ED患者が増えている反面、通常は静かに進行していく、
生活習慣病を早期発見する危険予知の物差しとして、EDの症状を早めに
察知する事は生活習慣病の改善を進めるのに有効だとされています。

一つの例として40歳代の人が一週間の間に一度も朝立ちしないというのは
健康面で生活習慣病のリスクが高まっているということを意味している、
ということのようですから、すでに何らかの気になる症状があるものだと
思われますので早めに罹りつけの医師に相談されることをお勧めします。

男性回復のシナリオ―ED治療の最前線男性回復のシナリオ―ED治療の最前線
田崎 功

EDになる理由 EDは治療で治る病気―日本でも1130万人が悩む「勃起障害」の原因と治療法 (家庭メディカル・ブック) ニッポン男子の下半身が危機的なことに気づいたワタシ (扶桑社新書) ホルモン力が人生を変える (小学館101新書 23) ホルモンを制すれば男が蘇る 男性更年期克服最前線 (講談社プラスアルファ新書)

by G-Tools



共感する(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



ご連絡はTwitterにメッセージを送信してください。LoversTed です。