So-net無料ブログ作成

月経前症候群にはテアニンが効く [雑記・雑学]

PMS(月経前症候群)に悩む女性は日本国内でも相当の割合になる、と
されていますが、その症状を改善する方法については、まだまだ確定的な
方法が確立しておらず、各種の試行錯誤が繰り返されている状況です。

そんな中、テアニンがPMSの改善に有効だという臨床試験の結果が報告
され、全国の女性にとって、また女性が勤める会社や学生として通う学校
にとっても貴重な人たちがPMSの症状を気にすることなく、社会生活に
参加できるようになることは良いことだと思います。

ちなみにPMS(月経前症候群)とは、「月経前3 ~10日の間続く精神的
あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの」だと
定義されていて具体的な身体的症状として「頭痛」「乳房の張り・痛み」
「下腹痛」および「腰痛」の4項目があり精神的症状としては「イライラ
する」「攻撃的になる」「憂鬱になる」および「集中できない」などで、
生理痛と症状は似ていますが、生理痛とは違います。


face-1.jpg

face-2.jpg

face-3.jpg

日本では女性の40%が症状の強弱がありつつ自覚しているという説がある
反面、その逆の比率の60%の女性が持病として持っているとか視点の違い
があるので、日常生活に深刻な影響が出ている人はどれぐらいいるか等の
数値は確認されていないと思います。

臨床試験の内容は、PMSの診断基準に当てはまる成人女性6人に対して
二回の月経期間が終了するまで、テアニン100mgを含有した食品を毎日の
朝食時に食べてもらい月経が終了するごとにアンケートを取ってテアニン
の影響度合いについて評価したところ、身体的症状は6人のうちの5人が
精神的症状については6人のうち6人全員が改善されたと答えていること
から、テアニンはPMSの改善に効果があることが認められるそうです。

では、テアニンはどんな食材に含まれているか?なんですが、お茶の中の
アミノ酸の一種がテアニンなので、お茶を飲むことにより一定の量は摂取
が可能ですが、100mgはなかなか毎日は取り難いのでサプリメントなどで
補うというのが有効かも知れませんね。

サプリメントだと大体、一粒で50mg程度なので一日二粒飲むことを続ける
ことでPMSの改善は進むと思います。

今回は女性の健康というテーマで書かせていただきました。

生理が楽しみになる本~知って、やって、身体が変わる!~生理が楽しみになる本~知って、やって、身体が変わる!~
京谷 奈緒美 松鳥 むう

生理でキレイになる本 心と体の大そうじ 月経美人セルフケア〜女性ホルモンをととのえて美しくなる〜 女性ホルモンを整えて幸せになる!  ぽかぽか子宮のつくり方 ブルーデーがハッピーに変わる!  魔法のヨガ&布ナプキン ムーンデーヨガ (マガジンハウスムック) 女のキレイは子宮から: いますぐ始める「子宮エクササイズ」

by G-Tools



共感する(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



ご連絡はTwitterにメッセージを送信してください。LoversTed です。