So-net無料ブログ作成

男性の更年期障害・EDの対応 [性の悩み・性の疑問]

女性の場合、生理不順とか不正出血とか、女性特有の症状がある場合には
基本的には婦人科という科目がありますから、性的な悩みなどがある時に
まずは、どの診療科目を受診すれば良いのかは誰にでも判りますよね。

それに対して、男性がなんだかペニスの反応が鈍ってきたなぁとか、勃起
する角度が垂れ下がり気味になって男としての自信に陰りが出てきたなぁ
なんて思った時に、どこへ相談に行くのかが判りにくいと思います。

EDの治療薬であるバイアグラは、基本的にはどんな診療科目の医師でも
処方可能ということになっているので、以前、眼科に行った時に柱の隅に
バイアグラの処方箋書きます、ご相談下さいと書いて張ってありましたが
初めて行った眼科医院でバイアグラを処方して下さいというのは、いくら
なんでも言い難いと思いますから、顔見知りの関係になっている患者さん
を対象としたものだと思います。


hairy041.jpg

hairy042.jpg

hairy043.jpg

それはともかくとして、内科に行くのか、泌尿器科か、それとも最近よく
話題に上る心療内科とか、神経内科みたいなところなのか…実際のところ
ストレスでEDになるような繊細なタイプの人は、このように診療科目を
考えなければならないだけでも新たなストレスだと思うんですよね。

産婦人科という文言に圧力を感じる人がいるので、女性外来という言葉を
使ったらどうでしょう?という提案は、何かの読み物で読んだような気が
しますが、男性科とか、男性外来というような発想って、あまり聞かない
ような気がするんですよね。

でも、潜在的に増え続けていると言われている勃起不全とか、性機能障害
を早めに解消するということは、重要なことではないかと思いますので、
セックスの機能を取り戻したいと考える男性が、恥ずかしい気持ちを持つ
ことなく受診できる体制は絶対に必要なのではないかと思う私なのです。

大体、インポテンツという言葉を侮蔑的に使うのにはセクハラと言わない
社会環境というのもね、如何なものかと思いませんか。

あの人、インポらしいよ、なんてコトを女性を対象にして同義語を言った
としたら相当大きな問題発言になると思うんですよね。

これも一種の男女間差別だと思いますし、深刻に悩んでいる人にとっては
かなりの精神的な負担でもあって、なかなか診察を受けようとは思わない
ということにも繋がると思うんですよね。

そんなわけで、EDを受診するのに適切な診療科目の名前を考えることは
医療業界の収益向上策としても大切なことではないかな?と思います。

男性機能を高める本 (精力減退は酵素不足が原因だった)男性機能を高める本 (精力減退は酵素不足が原因だった)
鶴見 隆史

回春セルフ整体術 尾骨と恥骨を水平にすると愛と性が甦る (講談社+α新書) わたしの健康DX (主婦の友生活シリーズ) シニアのための快楽革命 (SANWA MOOK) 壮快Z 2 (付録付き(DVD1枚、袋とじ2)) 40代からの男の体を強くする本 (中経の文庫)

by G-Tools



共感する(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



ご連絡はTwitterにメッセージを送信してください。LoversTed です。