SSブログ

新婚病と呼ばれた膀胱炎 [性の悩み・性の疑問]

今ではどうなのかわかりませんが、一昔前には膀胱炎は、密かに新婚病と
呼ばれていたものです。

wedding137.jpg

一つ目の理由としては、結婚したばかりでトイレに行きたいと言い出す事
さえ出来ない新妻がトイレに行くのを我慢していたがために膀胱炎になる
という頻度が高かったので、膀胱炎は新婚の新妻がなる新婚病だという説
で、まあ、命名理由の表バージョンという感じでしょうか。


0-bba-699.jpg

二つ目の理由は、セックスの頻度が多いため、裸で寝る割合が高くなり、
下半身を冷やしやすい、とか、女性器を露出することが多いので、雑菌が
尿道に感染しやすくなっている、とか、口唇愛撫の際、肛門や会陰部まで
下を這わせて、そのままクリトリスを舐める際に、尿道に雑菌が入って、
膀胱炎を発症する、などのパターンが単独であったり、混合されたりして
多く発生しているということから新婚病と呼ばれていたという説。
こちらは裏バージョンであると同時に、真因である可能性も高い話です。

0-bba-675.jpg

実際に膀胱炎になった人の調査内容によると、セックスレスの人には発症
が少なくて、逆にセックスの頻度が高い人、野外や車の中などの体を洗う
環境が整っていないところでセックスした場合などに、膀胱炎になる例が
多いような感じを受けます。

野外や車内などでセックスをする際に、膣口に入れずに、間違えて肛門に
ペニスを押し付けてから、膣内に挿入したり、クリトリスの部分をペニス
で突いたりしたという場合には、肛門の雑菌がペニスを介して、尿道口に
付着して、それをトイレットペーパーでさらに奥へと擦り込む様にすれば
ほぼ確実に膀胱炎になってしまうように思います。

0-bba-691.jpg

ですから、いわゆる新婚で、まだまだセックスになれていない場合には、
ベッドの上であっても肛門をペニスで突いてしまったりするという場合も
あるでしょうから、少々不潔なセックスということになってしまうのかも
知れないので、そういう意味からも新婚病と呼ばれているのかな?なんて
思っていますが、さて真相は如何に。

但し、これはあくまでも、個人的見解ですけどね。


共感する(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ご連絡、ご意見、ご感想は contact@ponta.pet までどうぞ。