So-net無料ブログ作成

初めてのデート・愛し合う準備編 [不倫]

エレベーターを降りてもラブホテルの廊下には防犯カメラがありますから
手を繋いで歩く以外のことはしません。

時々、廊下で盛り上がってしまうカップルもいるようですがリアルタイム
で監視されていますから、自分の部屋に入るように促されるようです。

選んだ部屋に着きました。
鍵を開けて部屋に入り、室内を一通りチェックして異常が無いかを確認し
そこで初めて彼女を抱き寄せてキスをします。

続きを読む


共感する(7)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

初めてのデート・手を繋いでエスコート [不倫]

ブログを読んでくれている人からメールが来て、ブログの内容についての
感想を聞いたりしていると次の段階では現在のパートナーとのセックスに
不満があるとか、満足できないとか、そんな話へと展開する場合があり、
さらに私がブログの中で書いているようなセックスを体験してみたい、と
いうことになって実際に会って、セックスをするという実体験が今までの
ブログ記事の内容となっています。

upskirt055.jpg

実際に会ってみると、いわゆるセックスが大好きで今までに何十人もの人
とセックスをしてきたというような女性は皆無で、逆にセックスの経験が
少ない故に、現在のパートナーとのセックスで本当の快感を感じていると
思っていいのだろうか?とか、女性としてイクという感覚を感じたことが
ないので、感じるセックスをしてみたいという人が大半でした。

続きを読む


共感する(9)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ジェラシー・浮気な恋だから [不倫]

なかなか会えないからこそ、愛しく想う気持ちが強くなるということは、
多くの人が思春期の頃から経験していることだと思います。

法律上で絆を確認する結婚という形式を経た後であっても、心と体はより
深く繋がりあえる関係を求めるというのも、これまた多くの人の心の中に
湧き上がり、強い倫理観で封印した人もいれば、間違いを犯すのも人間の
性であると理解して、気持ちの向くままに新たな恋愛に踏み出す人もいる
それは誰が決めることでもなく、自分の意志で決めることだと思うので、
個人の信条に従って、自由恋愛を満喫されれば良いと思います。

0-lovers-23.jpg

ただ、不倫の恋をしていると避けて通れなくなることが一つあります。
相手の人を好きになれば、好きになるほど、相手の人には妻が、そして夫
がいるということが強く意識されるようになるのですよね。

続きを読む


共感する(10)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

不倫こそ愛一筋の純愛である [不倫]

不倫という言葉には非常に強い嫌悪感を覚えるという人もいますが、逆に
そのような関係に憧れているという人もいて、人それぞれに言葉に対する
イメージや想いは異なるものであることがわかります。

世の中の全ての人間が同じ方向を見ていたら、そりゃかなり気持ち悪い話
になってしまうので、いろいろな考え方を認め合う多様性が大切であると
思いますし、そういう視点で見たとした時、不倫も一つの純愛ではないか
と私的には思います。

不倫をトコトン許せないと書いてある本の著者の方は、不倫関係を一組が
結ぶことによって、どれだけの人間が傷つくのかという視点で不倫という
関係を糾弾されているわけですが、親や兄弟、配偶者を傷つけないために
自分自身は愛の冷めた結婚生活を続けるという忍従を強いられても仕方が
ないという視点が私には今一つ理解できないというか納得できません。

続きを読む


共感する(9)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

無意識に精子を選別している不倫 [不倫]

男性は単純に「後腐れのない人」を選ぶ傾向が強いのに対し、女性の場合
には、現在の夫を超える条件を持つ人を選ぶという説があります。

その選択の過程には動物的な本能(深層心理)が強く影響しているという
見方があり、なかなか興味深いと言うか、女性が男性を選ぶ一つの基準が
理解できて面白いと思います。

不倫相手を選ぶ基準の前に、まずは夫を選ぶ基準があるわけなんですが、
その基準というのが「生活の安定」なわけです。

さらに細かく言うなら、あまり賢くなくても良いので、冒険心が旺盛とか
洞察力が鋭い等の、夢大きく切れ味の鋭いタイプはダメなんだそうです。

続きを読む


共感する(9)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

自由恋愛に必要な鈍感力 [不倫]

自由恋愛というからには、相手の女性が独身の場合もあればいわゆる人妻
と呼ばれる立場の女性もいるわけで、人によっては男性であっても恋愛の
対象となる人もいるわけですよね。

私の場合はあくまでも相手は女性であるわけなんで、その視点から本題を
進めて行きたいと思います。

今までにブログを通してお付き合いした女性は、ほとんどの場合で女性側
にメインの恋人がいて、私はその次(補欠)というパターンでした。

続きを読む


共感する(10)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

婚外恋愛でセックスをする理由 [不倫]

基本的には世界の常識は一夫一婦制であり乱交はタブーであるというのが
正しい姿であるというように認識はされています。

日本の制度いう戸籍という血統管理(家系)のためには、一人目の子ども
の父親から三人目の父親の子どもが全て違うということでは管理すること
が困難になるという行政側の理由にもよるでしょうし、優生保護法などの
法律の理念からも父親と母親は明確でないと近親相姦を完全に把握すると
いうことが困難になるという事情もあるものと思います。

が、事実としては同時期に複数の人とセックスをしていたために子どもの
父親は正確にはわからないという例が日本以外の国でも実際に起きていて
DNA鑑定をしてみたりして多額の費用をかけて徒労に終わる例もあれば
実際に別の男性の精子によって受精していたことが判明して、離婚したり
損害賠償請求が行なわれたりする例も増えてきています。

続きを読む


共感する(12)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚



お話ししたいことがあれば、call-me@ponta.pet までどうぞ。